ドラ麻雀 不安解決

不安が解消されると思います。

私が初めてドラ麻雀に挑戦しようとした時は、やはり不安だらけでした。
ですので、その不安を解消するために色々と調べていたのですが、その時強く思った事があります。

 

それは「日本ってまだまだ鎖国状態なんだな〜」という事です。

 

ドラ麻雀はオンラインゲーミングの一種なのですが、世界ではそのオンラインゲーミングの会社が株式を上場しているなんて当たり前ですし、国民もネットを活用するのであれば、ある程度のリスクと対策スキルを身に付ける事は当然と考えています。

 

海外では、実に多くの有名なスポーツのメインスポンサーがオンラインゲーミングの会社であり、テレビCMも頻繁に流れている事実は、ほとんどの日本人は知らない事だと思います。

 

例えばレアルマドリードのスポンサーはBwin(ビー・ウィン)というオンラインゲーミングの上場企業ですし、FAカップもWilliam Hill(ウィリアムヒル)というゲーミング会社がスポンサーです。

 

他にもヨーロッパのサッカーの試合を見るとユニフォームやスタジアムの周りなど、いたる所にオンラインゲーミング会社の名前が見られます。

 

そしてBetfair(ベットフェアー)は世界最大のスポーツベッティングのサイトですが、この会社の4分の1の株式を、あの「ソフトバンク」が所有しております。

 

調べれば調べるほど、海外の人達が当たり前のようにオンラインゲーミングを楽しんでいる事実がわかってきて、「本当に日本は遅れているな〜」と感じました。

 

このサイトでは、その時調べた事を出来るだけわかりやすく解説していこうと思います。

 

まず不安を感じる事としては大体「法的に大丈夫?」「運営会社は怪しくない?」「プレイしている人達はイカサマしていないか?」の3つではないかと思います。

 

では、私が上記3つについて色々と調べた事を順に解説していこうと思います。

 

法律的に大丈夫?@  法律的に大丈夫?A  
運営会社は怪しくない?
プレイしている人達はイカサマしていない?

 

では、この章の最後に還元率を見てみましょう。
(還元率というのは、お客様から得た金額の何%を払い戻しするのか?の比率です。)

 

パチンコ 80%
パチスロ 80%


競馬 75%
競輪 75%
競艇 75%
宝くじ 40%

オンラインカジノ 95〜98% ←注目!

 

いかがですか?私はオンラインゲーミングの事を調べれば調べるほど、不安どころか世界から見て乗り遅れてしまっていて損をしていたなと感じました。

 

これからはしっかりとドラ麻雀を楽しんでいこと思っています!

 

又、不定期ですが成績なども掲載していこうと思いますので、時間がありましたらたまに覗いてみて下さい!

 


  ★ 登録はコチラ ⇒ 安心のオンライン リアル麻雀!

   DORA麻雀

不安解決 登録方法 ルール説明 入出金方法 Q&A